照度計


照度計とは、照らされた明るさを測定することができる装置です。
展示会やショールーム、店舗等での照明効果のチェックや、美術館や病院、学校、工場、公共施設等の照明管理で幅広く使用されています。

照度計を選ぶ3つのポイント

"照度"とは、ある光源によって対象物が照らされる明るさの度合いを指します。
例えば、室内で電球をつけた場合に、照度とはその電球自体の明るさを指すのではなく、電球(光源)によって照らされた室内(対象物)の明るさの度合いを指します。(光源自体の明るさは"輝度"で表されます。)
照度の単位はルクス(lx, lux)を用います。ちなみにluxという名称は、ラテン語で光を意味する語からとられたものです。
デパートや美術館、工場やオフィスなど、室内照明の明るさの測定に使用されることが多く、家庭および工業用と幅広く活躍している測定器です。

ポイント1 測定範囲

照度計の用途としては、例えば工場であれば設計室や電気室など、家庭であれば子供の勉強部屋の明るさなど、おおよそ室内における明るさの測定に使用されます。
したがって、0〜10,000lux程度の測定範囲であれば、家庭用、工業用の双方に幅広く使用することができます。計測器.jpの照度計は0〜100,000luxと、晴天時の屋外の明るさまで測定できる、非常に高性能な製品を提供しています。

ポイント2 測定精度

使用用途により求められる精度は異なりますが、一般的に多いのは±5%rdgで、基本的にこのレベルの精度であればご家庭での使用に問題ありません。計測器.jpの製品は±4%rdgと、より精度の高いものであり、様々な用途に使用できます。

ポイント3 PC出力

PCに出力し時間経過に応じて照度の変化を解析する等、高度な分析を目的とする機能です。
大変優れた機能ですが、その分高額になります。(計測器.jpにはこの機能はついていません。)

明るさの目安 照度(ルクス)
雪山・真夏の海岸 100,000以上
晴天(昼の屋外) 100,000
晴天(午前10時の屋外) 65,000
晴天(午後3時の屋外) 35,000
曇天(昼の屋外) 32,000
曇天(午前10時の屋外) 25,000
パチンコ店内 1,000
百貨店売場 500〜700
蛍光灯照明事務所 400〜500
日出入時 300
30W蛍光灯2灯使用八畳間 300
夜のアーケード 150〜200
街灯下 50〜100
ライター(30cmの距離) 15
ロウソク(20cmの距離) 10〜15
月明り 0.5〜1

*輸入品のため、箱にへこみや擦り傷が付いている場合がありますが、使用上の問題はありません。
 予めご了承いただきますようお願いいたします。

このカテゴリの商品はありません。
Copyright(C) NDT mart & rental Inc. All Rights Reserved.